新しいコンピュータをご購入になった場合、iTunes のライブラリ全体を移動することができます。iTunes 8 以降には、レートや再生回数なども含め、ライブラリ全体を CD や DVD にアーカイブするためのバックアップ機能が搭載されているため、ライブラリを別のコンピュータに移動できます。この方法でライブラリを移行する方法については、こちらの記事 を参照してください。

iTunes 9 のホームシェアリングは iTunes ライブラリを移動できるようにするもうひとつのオプションです。 ローカルネットワーク上にある最大 5 つのほかのコンピュータで、音楽、ビデオなどのファイルをストリーム再生したり転送したりできます。ディスクに焼き付ける必要はありません。この方法については こちらの記事 を参照してください。

CD や DVD を作成できるドライブがない場合は、iPod を使うこともできます。iPod には大容量のハードディスクが搭載されているため、iPod を使って古いコンピュータから新しいコンピュータにすべての音楽を移動することができます (この記事の内容は iPod touch には該当しません)。

iPod を使って音楽ファイルを新しいコンピュータに移動する

概要なのにすでにむずかしすぎる。

(via tnoma) (via x-117, tnoma) (via gkojax-text) (via gkojax)

ではなぜ日本だけ「絶対できない」のか。

 ベテランになったバブル世代の広告マンが総じて無能で、お役所仕事のような自分たちの当たり前にやってきた形式ありきのCM作りしかできず、「広告本来の哲学」がすっぽ抜けているだけのことにすぎないのだ。

 たいした実力もないくせにギョーカイ人としての慢心だけをこじらせ、温故知新の発想もなく、諸外国から学ぶこともできない愚かなバブル世代の広告マンが、日本の広告文化の程度をどんどん下げているのである。ちなみにテレビ番組がつまらなくなったのも全く同じ構造だ。